tr?id=1970953653177752&ev=PageView&noscript=1

第5期アクセラレータプログラム・MUFGメンター紹介!

第5期アクセラレータプログラム・MUFGメンター紹介!

485view

2020/03/03

第5期プログラム開催を前に、今回はMUFGメンターの一部をご紹介します。
応募フォーム(エクセルファイル)を記入頂く際のご参考にしていただき、5月22日までに所定の送付先までお送り下さい。
たくさんのご応募をお待ちしております。
(掲載順はあいうえお順)

アコム株式会社

アコムグループは、アコム、連結子会社4社および関連会社1社で構成され、ローン・クレジットカード事業を中心に、信用保証事業、海外金融事業、債権管理回収事業を展開しています。
異業種プレーヤーが参入するなど、環境が日々変化する中、単に現金を融資するだけではなく、時代に即した「喜び」や「安心」を提供するため、ローンを「再発明」(新しいビジネスモデルの創出)したいと考えます。そのためにも、UXを主体としたデジタライゼーションに取り組んでいくことが最優先の課題です。
アコムもビジネスモデルの転換期に差し掛かっている最中、今回のプログラムで新たなビジネスを一緒に検討できる刺激的な方に出会えるのを楽しみにしています。

auカブコム証券株式会社

MUFGのネット専業証券。2019年12月にauカブコム証券に社名変更。
資産形成が求められる時代に、機関(プロ)と個人の垣根を越えて、すべての人が、もっと自由で豊かな投資活動ができることをミッションとして各種の取組み実施。
常にデジタルトランスフォーメーションし続ける先進性と変化が激しい時代に対応する多様性を発揮し、お客様の投資成績向上を徹底追及していく専業証券。
MUFGが主催するアクセラレータに1期より参加。
スタートアップ企業との協業にも積極的に取り組み、研究開発から一歩進めた事業開発へ注力。これまでアクセラレータを通じた複数社と協業ソリューションを創出。一部企業へは資本提携も実施。

auじぶん銀行株式会社

2008年にMUFGとKDDIの合弁で設立された、スマートフォンをメインチャネルとするインターネット専業銀行です。現在、約380万口座を有し、世界有数のモバイルバンクとして注目されています。振込や預金だけでなく、資産運用や住宅ローンまでスマートフォンで完結します。
初年度のプログラムではAlapacaJapan社と協業し、AIを活用した外国為替市場予測の新サービスをリリース。各種メディアにもとりあげられ、国内外のアワードを受賞、成功事例を有しています。
コア技術を持つスタートアップと協業し、今までにないサービスの開発や行内業務改善を行いたいと考えています。

株式会社ジャックス

ジャックスは、オンライン・オフラインの高額品分割払い、後払い決済、クレジットカード、リース、口座振替など個人・法人問わず多彩な決済ソリューションを提供しています。
提携先では、国産、輸入の新車および中古車販売をはじめ、住宅リフォーム・不動産賃貸等の不動産領域、EC通販等の多彩な販売店と密な関係性を築き、国内のみならず海外ではASEAN4か国に進出しております。「与信ノウハウ」「トランザクションデータ」「属性データ」「国内外の営業拠点網」と最新のテクノロジーを駆使し、新たに革新的な商品・サービス構築に加えて、業務プロセスの改革をご一緒に実現できることを期待しています。

ペイジェント株式会社

クレジットカードを始めとした、各種オンライン決済を一括で導入できる決済代行サービスを提供しております。
2006年にDeNAの一部署として設立されて以来、加盟店数は12,000を超えました。
2019年よりNTTデータと三菱UFJニコスによるJVと体制を変更。
DeNA出身のメンバーを中心に、既存の決済代行サービスにとどまらず、仕入れから販売・返品の対応まで、
顧客のバリューチェーンにおける課題を解決するための様々なソリューションの展開を進めております。
今回、本プログラムでは「OMO・O2O」「KYC・認証・アンチマネーロンダリング」「スコアリング」といったテーマでの協業を検討しております。

三菱UFJキャピタル株式会社

三菱UFJキャピタルはMUFGの一員として、ほぼ半世紀に亘って、幅広い業種、様々なステージのスタートアップの皆さまに投資してきました。設立以来、投資先のIPOは900社に迫り、現在も本邦VC業界で屈指の実績を誇ります。2019年には基幹ファンド7号及びライフサイエンスファンド2号合わせて250億円のファンドを設立し、次代の本邦産業を担うスタートアップの皆さまに対して、投資だけでなくその後の経営支援も行いながら企業価値向上をサポートしています。

株式会社三菱UFJ銀行

決済推進部

国内決済ビジネスを所管する決済推進部は、本邦最大の顧客基盤と充実した決済ソリューションを活かして、顧客の経営課題解決(業務効率化・内部統制強化等)に取り組んでいます。
主な業務内容は、法人向け決済サービスと個人向けクレジット/デビットカードに係わる企画・推進・開発・運用です。足元では、営業担当を介した対面推進のみならず顧客に直接アプローチする非対面推進も強化中です。
銀行の決済ビジネスは他業態のメガプレーヤー参入によって競争が激化し、顧客ニーズも多様化しています。そうした状況下、決済推進部では外部連携の強化を通じて変化に対応した最適なサービス提供を目指しています。

法人・リテール企画部

三菱UFJ銀行にて2019年6月にスタートした「MUFG Biz」は、法人のお客さまを対象とし、WEB上で各種サービスを提供するポータルサイトです。これまでベンチャー企業を含めた各社と協働でコンテンツ開発を行っています。
2020年3月時点、「財務・入出金データの可視化」「ビジネスマッチング」「AIによる為替予測機能」等のコンテンツを有し、今後も機能拡充を予定しています。
当行はオープンイノベーションを推進し、「MUFG Biz」を通じ法人のお客さまの事業展開に貢献できるサービスを一緒に開発していくパートナーを募集しています。
新業務、お客さま・銀行双方の事務合理化等の分野で協業が検討出来るサービス・ソリューションを有する皆さまからのご応募、お待ちしています。

マーケティング・事業開発部

マーケティング・事業開発部では、国内におけるマスリテールビジネスについて、戦略企画から商品・サービス開発、マーケティング、対面・非対面チャネルの企画・運営までを一気通貫で担当しています。
MUFGの顧客基盤である国内個人3,400万人のお客さまに対し、新たなサービス・顧客体験の提供や提案力の強化を図るため、グループ各社や外部企業と一緒に、銀行やグループ会社の保有するビッグデータの解析、新ビジネスや各種アプリ・Webサービスの開発、インセンティブプランの設計など幅広い取り組みを進めています。

三菱UFJ国際投信株式会社

三菱UFJ国際投信はMUFGにおける資産運用の中核会社です。私たちは、日本中の銀行や信託銀行、証券会社、郵便局等を介して、主に個人のお客さまに投資信託(ETF(上場投資信託)含む)ならびに関連サービスを届けています。
また対法人サービスとして、金融機関や事業会社の余資運用も手がけています。
加えて、iDeCo(個人型確定拠出年金)等への商品供給を通じて、皆さまの年金作りのお手伝いもしています。
ビジネスとしては上述の通り、金融機関を介したサービス(いわゆるBtoBtoC)が中心となり、MUFGグループに留まらない日本中の金融機関が取引先です。
また、足元ではスマホでの投資信託の直接販売サービスも始めており、BtoCビジネスにも舵を切り始めたところです。
以下のような特徴・特性をお持ちの様々な企業・組織等とオープンイノベーションを生み出していきたいと考えています。
・既存の金融機関とは異なる顧客接点や顧客基盤を有する(目指す)企業・組織。
・サービスの改善・向上につながる技術。
・対顧客のコミュニケーション改善に資するサービス。

三菱UFJ信託銀行株式会社

弊社は国内の個人・法人を中心としたMUFGの顧客基盤をベースに、銀行業務に加え、
不動産、証券代行、資産運用・管理、相続関連業務などの信託銀行ならではの業務も含めた、幅広い領域に及ぶ金融ソリューションをご提供しております。
情報銀行ビジネスの領域では、パーソナルデータを取得・利活用するビジネスモデルを有する企業と、資産運用の領域では、各種ビッグデータおよびデータ解析手法を有する企業との協業検討をすすめております。

三菱UFJトラスト投資工学研究所

私たちは、MUFGの金融データサイエンスを担う研究所であり、資産運用・リスク管理における実務課題を、専門的な金融知識・理論をベースに高度な数理科学・情報技術を駆使して解決するソリューション&コンサルティング事業を行っています。
また、AI・デジタルトランスフォーメーション支援、アカデミックな共同研究も積極的に推進しています。
先端技術・高度なデータ解析の強みを活かすビジネス化や共同研究等、ご支援させていただければと考えています。

三菱UFJニコス株式会社

三菱UFJニコスは、MUFGの決済分野の中核を担う国内最大級のクレジットカード会社です。約3,000万人※のクレジットカード会員(MUFGカード、DC、NICOS)と、様々な業種・業態の加盟店ネットワーク、そして農林中央金庫・JAバンク、地方銀行ならびに事業法人等との幅広いパートナーシップを基盤としております。
MUFGの中核会社として、キャッシュレス時代を牽引し、お客さまのより豊かで快適な暮らしや社会の発展に向け、多様な決済ニーズに応えていくことが必要です。
「決済」のみならず、特に取り組みたい領域は「情報利活用」「本人認証」「AIを活用した業務改善・効率化」です。
プログラムにおいては、デジタル企画部のメンバーが中心となり、各事業部門と連携しながら取り組んで参ります。
※フランチャイジー各社、受託先含む

三菱UFJファクター株式会社

三菱UFJファクターは、MUFGの商流ビジネスの一翼を担う企業として、お客さまの与信管理や債権保全、売上代金回収、支払事務合理化のお役に立てる金融サービスをご提供しています。
デジタルを活用した「社内事務の効率化・高度化」、「営業活動を高めるモバイルワークツールの活用」、「顧客情報の整備・管理」が当社の課題です。

三菱UFJリース株式会社

三菱UFJリースは、コア事業であるリース・ファイナンスを通じて「モノ」に関する知見・ノウハウを蓄積し、多彩な事業をグローバルに展開しています。
設備リースを主体とする国内・海外カスタマービジネスを基盤に、航空事業部門、不動産事業部門、ロジスティクス事業部門、環境・エネルギー事業部門、ヘルスケア事業部門、インフラ・企業投資事業部門の6分野において高い専門性を持つ事業部門制を導入し、お客さまに金融の枠を超えた多様なソリューションを提供しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INNOVATION HUBの最新情報をお届けします

プログラム

コラボレーションによるイノベーション創出の場

  • MUFG SPARK

スタートアップ・アクセラレータ

  • MUFG DEGITAL ACCELERATOR

月間記事ランキング

MUFG関連記事

Facebook公式ページ