PROGRAMよくあるご質問

プログラムが対象とする事業領域について

どのような事業領域がプログラムの対象となりますか?
フィンテック(決済、融資、資産管理、資産運用、仮想通貨、デジタルバンキング、マーケット取引、等)、先端技術(AI、ブロックチェーン、IoT、量子コンピューティング、ロボティクス、等)、その他(不動産テック、フロンティアテック、デジタルマーケティング、等)の領域において、世界を変えていく革新的なビジネスを立ち上げたい方の事業プランを募集します。
非営利事業は対象となりますか?
非営利事業は対象としておりません。
MUFGグループ会社の事業に合わせる必要はありますか?
必ずしもその必要はありません。社会にとって価値があるサービスや事業プランであれば応募可能です。
もちろん、MUFGグループ会社の事業領域のサービスでも構いません。
既にサービスをローンチしていても応募可能ですか?
応募可能な事業プランは、原則として新たに事業化を目指すものを対象とします。
既存事業があり、そのベースとなる技術を活用して新事業を立ち上げる場合も応募可能です。
複数の事業プランで応募可能ですか?
可能です。ただし採択される事業プランは1社につき1つとなります。

出資について

出資はいつ受けられますか?
総合的に判断し決定します(出資をお約束するものではありません)。
出資比率・形態については選択可能ですか?
出資比率・形態等は、参加者の皆さまと協議のうえ、決定します。

知的所有権について

知的所有権は誰に帰属しますか?
プログラム期間中に開発した事業プラン、プロダクトの知的所有権は参加者に帰属します。

その他

選考を通過し最終的に採択される企業数は何社になりますか?
プログラム参加企業は5〜7社程度を予定しています。
プログラム期間中に使えるワーキングスペースはありますか?
プログラム参加者は、専用ワーキングスペース(日本橋兜町)を無償で利用できます。
プログラム期間中は必ず専用ワーキングスペースを使わなければならないのでしょうか?
既にオフィスをお持ちの場合、必ずしも専用ワーキングスペースを使う必要はありません。
ただし、定期ミーティングやメンタリングセッション等は専用ワーキングスペースで実施しますので、
お越しいただく必要はあります。
プログラム期間中の交通費や開発費などの経費は負担してもらえますか?
プログラム期間中の交通費、及び開発にかかる費用は、参加者の自己負担となります。
個人でも応募できますか?
応募は可能です。ただし、起業・事業化の経験をお持ちであることが前提です。また、プログラムに採択された場合、法人登記を行っていただくことが条件となります。

本プログラムに関するお問い合わせは、
以下のフォームよりお願いいたします。